Mr.Children【ミスチル】6th アルバム『BOLERO』レビュー

Mr.Children
出典:Mr.Children公式HP

『BOLERO』ってどんなアルバムなのか知りたいなぁ。

『BOLERO』ってめちゃくちゃヒットしたって聞いたけど、どれぐらい売れたの?

こんな悩みに答えます。

本記事では、ミスチルファン歴20年以上の筆者が私感を交えつつ、ミスチル6枚目となるアルバム『BOLERO』のレビューをしていこうと思います。

既にトップアーティストとして人気を博していたMr.Childrenですが、その中でもこのアルバムは特に人気の高いアルバムとなりました。

その理由は、大ヒットしたシングルが大量に収録されたアルバムだったからかもしれません。

5曲ものシングルが入った超豪華アルバム

前作アルバムの『深海』 はコンセプト・アルバムという事で、アルバム全体が【深海】というテーマに沿った一つの作品になっていたという話は『深海』についてのレビュー記事でも説明しましたよね。

そのコンセプト・アルバムという作品上、『深海』発売当時には既に出ていたシングル曲でも、アルバムのテーマに合わない曲は入っていなかったんですね。

具体的に言うと、6thシングル「Tomorrow never knows」、7thシングル「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」、8thシングル「【es】〜Theme of es〜」、9thシングル「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」の4曲が、既に発売されていたにも関わらず、『深海』には入っていませんでした。

当時のミスチルファンの皆さんはどう思ったんでしょうかね?

「なんであの曲もこの曲も入ってへんねん!」と怒ったんでしょうか?

でも既に発売前からの噂で「青盤(『深海』)」と「赤盤(『BOLERO』)」という2枚組のアルバムが発売されるなんていう情報が流れていたなんて話もありますから、ただただ期待に胸を膨らませていたかもしれませんね。

という事で、『深海』に入らなかった4曲のシングルもこの『BOLERO』には入ってるので、最新シングルの「Everything(It’s you)」も含めた全部で5曲ものシングルが収録された、まさに超豪華アルバムと言える作品なんです。

だからこそ、累計売上は328.3万枚。あのメガ大ヒットしたAtomic Heartに次ぐメガヒットアルバムとなっています。

収録曲

  1. prologue
  2. Everything(It’s you)
  3. タイムマシーンに乗って
  4. Brandnew my lover
  5. 【es】 ~Theme of es~
  6. シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~
  7. 傘の下の君に告ぐ
  8. ALIVE
  9. 幸せのカテゴリー
  10. everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
  11. ボレロ
  12. Tomorrow never knows (remix)

なんですかこの最強の布陣は((;゚Д゚))

「聞いた事あるー」っていう有名曲が揃い踏みしていますね。

出だしの繋ぎが素晴らしい

出典:Mr.Children公式HP

まずこのアルバムを再生すると、初っ端からすんごいのが来ます!

1番に入ってる「prologue」というボレロ調のインストゥルメンタルの曲で、その曲の中で徐々に徐々に盛り上がりを見せていきます。

そしてその盛り上がりが最高潮に達した最後の部分と、次の曲である「Everything(It’s you)」との繋げ方がもう絶品!!

ンファァァァーーン、ジャン!!!!
…ッタタタタン、
ジャン、ジャン…

って感じなんです!!笑

あぁぁ、語彙力が拙すぎて、素晴らしさが多分2%も伝わってないのが辛いです(´;ω;`)

そしてこの「Everything(It’s you)」の良い曲具合が半端ないですよ。ほんまえぇ曲!

ミスチル1の大ヒットシングル【Tomorrow never knows】

5曲もの大ヒットシングルが詰め込まれたアルバムであり、全てが素晴らしい曲なんですが、やはり外せないのは「Tomorrow never knows」でしょう!

初週売上は約67.0万枚と前作の約20.6万枚を大幅に上回り、発売から3週目で累計売上が100万枚を突破し、4thシングル「CROSS ROAD」から3作連続でミリオンセラーを達成。最終的な売り上げは約276.6万枚を記録し、現時点でMr.Childrenのシングルでは最大のヒット作となっている。また、トイズファクトリーで発売されたシングルとしても最多である。

Tomorrow never knows (Mr.Childrenの曲)」フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。
2020年4月11日 (土) 05:02 UTC
URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/Tomorrow_never_knows_(Mr.Children%E3%81%AE%E6%9B%B2)

出典:Mr.Children公式HP

萩原聖人さんと木村拓哉さんが主演を務めたドラマ『若者のすべて』の主題歌としても有名ですよね。

日本人であれば、必ず聴いたことがあるだろうという程の名曲であります。

イントロが始まった瞬間から「あ、神レベルの名曲や」と気付けます。

そしてこの神曲、たったの30分ほどで、曲のほとんどが出来上がったと言われているんです!なんですか、神ですか!?

『BOLERO』に収録されているのはremixバージョンとなっていますね。

生きる力をもらえる名曲「ALIVE」

この「ALIVE」は、曲作成当時に桜井さんがプライベートの問題で、精神的にしんどい時に作った曲だそうです。

確かにイントロの部分などは、少しダークな雰囲気を醸し出しているかもしれません。

そして、歌詞もどこか達観したというか、ペシミズムな感じの歌詞が目立ちます。

この感情は何だろう 無性に腹立つんだよ
自分を押し殺したはずのに
馬鹿げた仕事を終え 環状線で家路を辿る車の中で
全部おりたい 寝転んでたい
そうぼやきながら 今日が行き過ぎる

こんな始まり方の曲なんですが、サビになると明るさを感じるメロディとともに、

歌詞の中に、その中でも前を向いて歩いていこうという、未来への願いが書かれています。最後には

夢はなくとも 希望はなくとも
目の前の遥かな道を
やがて荒野に 花は咲くだろう
あらゆる国境線を越え

という歌詞で終わるんですね。

誰にでも色んな日があって、なんだかやる気が出ない日だってありますよね。

そんな時に「よし!それでも頑張ろう!」って一歩踏み出せる力をもらえる曲だなって思います。

大好きなんです 「幸せのカテゴリー」

そして僕的に外せないのがこの「幸せのカテゴリー」です。超良い曲!

21周年のファンクラブ限定のツアー直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」では15位に選ばれた人気曲なんです。

なんと言ってもPOPなメロディが素敵です。

この曲でもセンス溢れる言い回しの歌詞が光ってます。

通り過ぎる愛の言葉
唇を重ねたって 孤独な風
胸を吹き抜ける
出会った日の弾む鼓動は
日常という名の フリーザーの中で
とうに凍り付いてる

なんですかこのお洒落な歌詞!

桜井さん自身はこの曲を「寒い詞」だと公言してるみたいですね。

恋の終わりを歌った曲なんですが、こんな素敵な歌詞がずっと続きます。最高か!

まず曲名の「幸せのカテゴリー」って言葉を思い付くのすごくないですか!?

すごさを説明するだけの語彙力のなさを嘆くばかりですが、ほんまにすごいですよね。

サビが3回あるんですが、サビの終わりが以下のようになっています。

1消えゆく幸せのcategory
2でも君といるのは懲り懲り
3さよなら幸せのcategory

気付いたでしょうか。そう、韻を踏んでいるんですね!

ミスチルの曲にはこんな感じで韻を踏んだフレーズが多数あります。本当に天才的なフレーズの数々です。

是非ともほかの曲でも探してみて下さい。

まとめ

数曲の紹介をさせて頂きましたが、他の曲も本当に素晴らしい名曲揃いですよ。

ミスチルの曲の紹介をしていて思うのは、ミスチルの良さが一番分かるのは、曲を聴きながら歌詞を感じる時じゃないかなという事です。

何せ、僕の言葉だけではメロディの雰囲気も伝わらないのも当然ですが、

なんというか、素敵な歌詞が素敵なメロディにピッタリと合わさって、より一層素晴らしい一曲が出来てるって感じがするんですよね。

だからこそ、まだそんなにミスチルを知らない人や、歌詞をしっかり見て聴いた事がないっていう人にも、

手に取って聴いてほしいなって強く思います。

この『BOLERO』もまた、聴けば聴くほど一曲一曲の魅力が分かる、聴きごたえのある名盤です。

是非とも手に取って、歌詞を見ながらじっくり聴いて頂ければなと思います。

次はDISCOVERYについて記事を書いています。

こちらも名曲揃いのアルバムですよー。乞うご期待!

ではまたっ!

タイトルとURLをコピーしました